NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

非常に難解な語学としての日本語

我が国の語学は日本語ですが世界の公用語になっていません

非常に難解な語学としての日本語
我が国の語学であります日本語は国際規格の英語ではありませんが世界の一部の国にとって日本語を学習していますが学校教育として採用してる訳ではありません。日本で医療界などの就職を考えている東南アジアの人は講座があるようで間に合わせ的に学習するために文法などの知識が無くても会話ですので文章を書かない限り必要性は少なくなります。
そのような事で医療界は国家試験になっていますので日本人でも難しい試験でありますが他人に優しいというだけで日本での就職の希望者が多いのですが日本語が難しいという障壁になり我が国の国家試験に臨みますが不合格になり帰国をしなければならない人が多いです。

日本人でも日本語は難しい理由に文法を学習しますが方言があり、地方独特の言葉の表現があります。
また標準語を主力に学習しますが古文書と現代文の違いでも難しくなります。
また名詞の読み方も地方で異なり一貫していない事から記憶をしなければ難しいという事があります。
我が国の言葉を更に難しくしている要因に若者言葉が流行している事です。

外国人にすれば、どの言葉が本来の言葉か明白になっていません。日本人でも若者言葉を使っていると企業の面接で困ることがありますので、出来るだけ新語の言葉を作らないほうが良いと思います。
また日本人が使う言葉は現代用語を使うのは常識で誰でも解りますので現代は特に世界に通用する言葉や製品造りが求められている時代ですので、そのほうが大事という事になります。

新着おすすめ

Copyright 2017 非常に難解な語学としての日本語 All Rights Reserved.